BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称で、筋肉のエネルギー代謝に深く関係している事が知られています。その為、現在ではその効果を期待し、サプリメントとして摂取する人も増えてきている状態です。

BCAAの男性にとって嬉しい効果の一つが、筋肉疲労の回復です。

激しい運動をすると筋肉は破壊されてしまい、その結果、沢山の量のアミノ酸が消費されます。出来るだけ筋肉疲労を回復させて筋肉の修復を促す為には、体外から消費されてしまった分のアミノ酸を補う事によって、筋肉疲労を最小限に抑えるだけでなく、筋肉の修復を促す働きが期待出来ます。

つまり、筋肉疲労の回復を促す働きが期待できると言うことです。

さらに運動能力の向上や筋力強化も期待出来ます。筋トレを効果的に行う事によって、運動能力の向上が期待出来ますが、その場合にBCAAを利用する事で、より効率的に筋肉を鍛える事が出来ます。

さらに筋肉を効果的に鍛える事で、筋力強化ももちろん期待できるのです。

さらに筋肉量をアップさせる事が出来ると、より脂肪を燃焼させやすい体を作る事が出来ます。

つまり、今の状態より最寄高い脂肪燃焼効果も期待できるので、結果的に痩せやすく、太りにくい体を作る効果が期待できると言うことです。

一般的にBCAA自体は筋力トレーニングを行う時に使うメリットがある成分だと言う事は知られています。

しかし実はただ単に筋肉に良いと言う漠然としたものではなく、筋肉疲労の回復や筋力強化、運動能力の向上、脂肪燃焼等の効果も期待できる成分なのです。

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含む食品とは?

バリン、ロイシン、イソロイシンは3つまとめてBCAAと呼ばれています。

この3つは体にとって必要なアミノ酸の一種で、分岐鎖型のものとなっています。そのため体の中で作ることができず、食べ物から摂取しなくてはなりません。

BCAAであるバリン、ロイシン、イソロイシンが多く含まれている食品には、バリンでは本マグロの赤身と豆腐、イソロイシンであれば牛乳や鮭、ロイシンであれば鮭や牛肉、大豆であり、3つがちょうどよく含まれているのがユーグレナとなっています。

イソロイシンとバリンは筋肉をつくるのに必要なたんぱく質を生成しており、イソロイシンはその筋肉を維持するだけでなく管理もしています。

効率よく摂取するには、運動前からが良いので時間を考えて摂り入れるようにします。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を効果的に摂取するタイミングとは?

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、飲むだけでは効果的とは言えません。

タイミングを見極めて飲むことにより、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)の効果を最大限に発揮できます。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)の効果を最大限に発揮できるタイミングとは、トレーニング開始30分前です。

トレーニング開始30分前に飲んでおくと、運動中に筋タンパク質が分解されるのを防ぐことができます。

またトレーニング開始30分前だけではなく、トレーニング直後もベストタイミングです。

トレーニング直後に飲めば、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)が筋肉量の増加は促進されて、筋タンパク質の剛性率も高めることができます。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を過剰摂取した場合の副作用とは?

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、筋肉を維持したり生成するのに必要な必須アミノ酸です。必須アミノ酸であるため体の中で作り出すことができないので食べ物から摂取しなくてはなりません。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、主に牛乳や大豆製品、本マグロの赤身、牛肉といったものに多く含まれていますが、サプリメントなどで過剰摂取してしまうと代謝できなかったものは肝臓で代謝されるので、肝臓に余計な負担がかかり肝機能が低下してしまうことがあります。

このほか、不要なものを排出する腎臓機能が低下し、血中のアンモニア濃度が上がり様々な副作用が出てしまうことがあります。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)には1日の摂取上限量が決められているので、しっかりと守るようにします。